現地NBA観戦に必須な4つの心構えとは?


1.少し値が張っても、1階席のコートサイド!

002_a1NBAのチケットはプレーオフじゃなくても値段が高い…会場の雰囲気だけを楽しむなら、2階席、3階席でもよいのかもしれませんが、しかしリアル感を求めるなら、やはり1階席です。それもできるだけ前列で、できるだけコートサイドでの観戦が最高です。この迫力は一生の思い出になります。

2.特にどちらのファンでなくても、ホームチームの応援はマスト!

002_bNBAの会場はおおよそ地元ファンで埋め尽くされます。「ディーフェンスッ!ディーフェンスッ!ディーフェンスッ!」上下左右からそれらの音が聞こえてくるので、嫌でも盛り上がっちゃうのですが、会場に入る前からその心持で挑みましょうよということです。TVで観ているのとは違うライブ感を自分自身で演出しちゃいましょう。

3.カメラのレンズは3inch以内

003_a1NBAに限ったことではないのですが、開場の際にセキュリティチェックが入ります。荷物の確認ですね。一眼レフのレンズのサイズは3inch以内です。3inchを超えるレンズは持ち込めません。とはいえ、観客の中には明らかに3inch以上のレンズで撮影している人もいるので、最初は3inch以内のレンズを付けていて、3inch以上のレンズは荷物の中に隠しているんでしょうか。荷物の大きさの制限もあったりするし、必ず持ち込める保証もなく…

4.撮影はそこそこにゲームに集中!

004_a1

一生に何度も生で観られるものでもなく、試合中必死で撮影しがちになってしまいますが、BESTショットはプロに任せて試合中はゲームの流れに集中ですね。カメラには写らないものがたくさんあるはずなので、それを自分の目に焼き付けましょう。


コメント入力欄

コメント