【MLB】MLB2016ワールドシリーズ予想!!(ナショナルリーグ編)


MLB.com

 ナショナルリーグの大本命は断トツシカゴ・カブスか!?特に投手陣の調子がよく、2015年サイ・ヤング賞のJ.アリエッタを中心に、J.レスター、J.ハメル、J.ラッキー、K.ヘンドリックスの先発陣が好調をキープ、A.ウォーレン、T.ウッド、P.ストロップ、T.ケーヒル、J.グリム、H.ロンドンが後半を締めて、球界トップの投手力(チーム防御率2.62、WHIP1.04)を誇っている。まだ序盤だが、昨年のカージナルス(チーム防御率2.94、WHIP1.25)以上の成績だ。

 打撃陣は、アベレージこそ.258(リーグ6位)と平凡ではあるが、本塁打74(リーグ6位)、打点320(リーグ2位)と得点力の強さが伺える。B.ゾブリスト、D.ファウラー、Jヘイワードの機動力、A.リッゾ、C.ブライアントの長打力で相手投手陣を脅かしている。1945年以来のリーグ優勝、1908年以来のワールドシリーズ優勝がもっとも近い今年のチャンスをものにしたい。

 対抗は同地区(中地区)の常勝カージナルス、カブスとはもはや9.0ゲームの差を付けられているが、ワイルドカード圏内で抜け出す可能性は高い。その他、メッツ、ナショナルズ、ジャイアンツ、ドジャース、ロッキーズと気の抜けないチームがナショナルリーグには揃っている。個人的には、レッドソックスvsカブスのワールドシリーズを期待しており、フェンウェイ・パークとリグレー・フィールドでの盛り上がりは最大にテンションを上げてくれる。

■ MLBのチケット、定価で購入方法はコチラ

野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 


コメント入力欄

コメント