【MLB】マドン監督激怒!パイレーツvsカブス、死球合戦で警告!(動画あり)


MLB.com

 現地2日PNCパークでで行われた首位攻防のカブス戦で死球が重なりアンパイアが両監督を制止する場面があった。まずは5回表、パイレーツ先発のG.コール投手の投げた内角95マイルの4シームがA.ラッセル選手の左肘へ当たってしまう。そして6回裏パイレーツの攻撃時、先頭打者のS.マルテ選手へ、カブスJ.ハメル投手の投げた3球目が内角先ほどと同じようなところへ向かっていき右手へ死球、続く7回表にパイレーツK.ロブステイン投手、報復死球と取られても仕方ないカブス先頭打者のB.ゾブリストの臀部へ当ててしまう。ここでカブスJ.マドン監督が激怒、すかさずアンパイアがパイレーツF.セルベーリ捕手に厳重注意をし、マドン監督の怒りを鎮めた。試合は2-7でカブスの勝利。カブスは今季18勝目(6敗)とパイレーツに4ゲーム差をつけナリーグ中地区首位を走っている。

野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 


コメント入力欄

コメント