【MLB】2002年サイヤング賞投手、バリー・ジト引退


MLB NEWS メジャー通算、165勝(143敗)の左腕B.ジト投手(37歳)が今シーズンをもって引退する事を表明した。2000年にオークランド・アスレチックスでメジャーデビューし、2002年には23勝(5敗)をあげ、サイヤング賞を受賞。2007年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し、2015年に古巣アスレチックスへ復帰。今シーズンは、3試合に登板し、勝ち負けなしだった。

 音楽一家に産まれたジトはギターの腕前もプロ級との噂で、今後は音楽業界で作曲家としての活動に意欲をみせている。

 2013年のジャイアンツ時代にシカゴへの遠征のとき、私がリグレー・フィールドへ観戦にいき、ブルペンで投げるジトを間近でみて、イチロー選手曰く、「まるで2階から落ちてくるような、落差の大きいカーブ」と評した、その変化球も見る事ができた。さらに練習後、ファンへのサービスも行い、1つ年下のジトに対して緊張しながら握手を求めたことを思い出します。一時代を支えた名投手の引退は非常に寂しさを感じますが、また野球界へ戻ってきてくれる事を期待しています。

MLB NEWS

MLB NEWS

MLB NEWS

野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 


コメント入力欄

コメント