【MLB】続・S.ストラスバーグ完全復活か⁉︎


MLB NEWS 15日(日本時間16日)のピッツバーグ戦に先発した、ワシントン・ナショナルズのS.ストラスバーグは8回、被安打1、失点0、14奪三振の好投を見せ9勝目(7敗)を挙げた。前回メッツ戦では、敗戦投手になってしまったものの、7回1/3、被安打5、失点3、13奪三振を奪い、ストラスバーグ本来の投球で復活の兆しを見せたところだった。

 対戦打者の挙動から推測すると、かなり投げる球にキレが出ているのだろう。もともと100マイル近くのストレートを投げつつ、縦横に曲がる変化球を投げ分けられるポテンシャルの高い、毎年サイ・ヤング候補に挙がるべき投手だ。今年はケガの為、6月、7月と満足に投げられず、本人としても納得のいくシーズンにはならないだろう。しかし、この復調の兆しは本人が一番感じているはず。

 一ファンとして来季を見据えつつ、次戦の登板を楽しみにしたい。

野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 


コメント入力欄

コメント